多治見市を中心とし、新築・リフォーム・木造住宅の注文住宅をご提供する「株式会社エーテル」です。

資料請求・お問い合わせ

平日 9:00〜17:00

0572-22-2650

お知らせ

NEWS


もし電気がなくなってしまったらということを考えたことはありますか?

こんにちは。

日本一熱いsmart2030  株式会社エーテルです。

電力不足が問題になり、電力逼迫警報などが話題になりましたが、私たちは今まで生活してきて、電気は当たり前になっていました。

なので、電気がなくなるということは想像がつかない。

または、自分ごとと思えない方も多いと思います。

しかし、日本は、世界でも災害の多い国でもあり、地震、水害、台風などが毎年のように起こっています。

沖縄などでは毎年台風で停電になることも多く、1週間ほど停電することもあります。

停電が長期化することを実感したことない方の方が多いのが実情ですが、電力不足ですでに電気代は高騰している中、必ずしも電力が供給され続けることが当たり前とは言えなくなってきていると思います。

今後起こり得る大災害なども考えて、「もし電気がなくなってしまったら?」という想定を持って生活していく必要性があるのではないか?と思います。

電気はもっとも必要なライフラインとなっている

インターネットが私たちの生活の中で当たり前となり、スマホを毎日欠かさずに携帯し、電気自動車なども普及し始め、電気は私たちの生活にもっとも必需品とも言えるものになっています。

夏場に電気が使えなくなってしまえば、熱中症になってしまう可能性は格段に上がってしまうことでしょう。

また、冬場の暖房や、給湯器が使えなくなる、お湯をわかしたり、加熱調理することができない。

冷蔵庫の中身は腐ってしまう(保存ができない)

夜は暗いのでものが多い家の場合は危険がある。

TVやインターネットが使えなくなるので情報や娯楽がなくなってしまう。

などなど、考えてみると私たちの生活の中で電気は、そのほとんどを担っているのです。

この電気がなくなってしまったら生活はかなり不便になってしまうことでしょう。

と言ってもそんなことはそうそう起こるわけがない!と思う方もいますが、100%起こらないという保証はありません。

南海トラフなど大地震は確実に来ると言われています。

その時の備えは必要です。

電気を自給自足しもしもに備える住まい作りを考えてみませんか?

電力不足は今後も大きな問題になってき、電気代は高いままでしょう。

もしかしたらさらに電気代は高騰してしまうかもしれません。

この電気代の負担は今後家計も大きく圧迫していくでしょう。

電気がなくなる不安や、電気代高騰などの心配を解消するのが、電気の自給自足ができる「スマートハウス」です。

スマートハウスってどんな家?スマートハウスの特徴とは

子供が安心して暮らせる家。

電気を自給自足し溜めていくことが家です。

電気がなくなってしまういう心配も必要なく、安心して電気の供給を自給自足で賄うことが可能です。

スマートホームをもっと知りたい!と思った方はお気軽に資料請求をしてください。

資料請求


一覧へ戻る