多治見市を中心とし、新築・リフォーム・木造住宅の注文住宅をご提供する「株式会社エーテル」です。

資料請求・お問い合わせ

平日 9:00〜17:00

0572-22-2650

お知らせ

NEWS


スマートハウスのパッシブ設計の最大の目的は健康を第一に考える暮らしの実現

こんにちは。

日本一熱いsmart2030  株式会社エーテルです。

スマートハウスは自然の力を活用して電力の削減や備蓄をして、経済的にも負担のない暮らし方ができる未来の住宅になるのですが、それだけがメリットではありません。

新型コロナウイルスによって私たちの住まい方は健康の面も大きく重要度が増してきました。

そして、人生100年時代と言われている今、より長く健康で過ごしていくことが大切になってきました。

その理由は、医療費の個人負担がこれから先上昇していく懸念があるからです。

ですので、家を建てた時に考えて欲しいことは、住宅ローンだけではなく、医療費負担のことも考えていく必要があるでしょう。

これから家を建てたい!と考えている方に頭に置いておいて欲しいことは、「健康も考慮した家つくり」です。

この記事では、なぜスマートハウスの特徴でもあるパッシブ設計が「健康を第一の考える暮らし」につながるのかをお伝えしたいと思います。

▶︎これからの家には健康を考えた時に「オンライン受診」が当たり前に必要になる。

今まで当たり前に通うことができた病院ですが、コロナ禍の時はどうでしたでしょうか?

外出することも大変な状況だったのではないでしょうか?

今は、コロナの脅威は沈静化しつつありますが、またいつウイルスの脅威が訪れるのかはわかりません。

その時に備えていくために、IOTを活用して自宅にいながらオンライン受診ふができる住まいは必要になってくるでしょう。

自宅にいながら安全に、そして安心して医療を受けることができる家はこれからもっと必要になってくるでしょう。

 

▶︎健康な暮らしには「正圧」の空気環境が欠かせません

スマートハウスは効率的に快適な空気環境を作り出すことにより「光熱費」を抑えることを実現しているのですが、それだけではなく、1年を通して家中の温度を22度から24度台に保ち、湿度も新型コロナウイルスに感染しづらい相対湿度50%から70%を維持することができます。

このように、空気環境をコントーロールすることで、住宅いというモノを買っていただくのではなく、本当に住み心地の良い、「快適な暮らし」を実現できるのです。

そして、この環境を実現できる間取りを採用し、設備や仕様や工法という技術的な面だけではない体験として健康な暮らしを実感し続けることができる家になるのです。

▶︎未来を見据えた環境にも良い住み心地の良い家つくり

スマートハウスは今後の燃料問題や、環境問題など地球上で起こってくる自然の問題に対応した未来の家となります。

お子さんやお孫さんにも安心、安全で負担もない住み心地の良い住環境を提供することが可能になります。

スマートハウスはAIなどを活用した最新の住宅ではなく、家計にも環境にも優しい、未来でも価値を持続できる住宅となっています。

スマートホームをもっと知りたい!と思った方はお気軽に資料請求をしてください。

資料請求


一覧へ戻る